お問い合わせは kimura@kimurass.co.jp まで


目次 


制御盤リニューアル


リニューアル例


         改造前

       改造後

改造前制御
  1.既存制御盤は装置の機能に見合わない高機能仕様になっていました。
    大画面タッチパネルを搭載していましたが使用する機能はスイッチ、ランプ、カウンタなどの代替のみで、単純な装置に対しオーバー
    スペックと判断しました。
    またツールのバージョンアップが繰り返されるうち互換性が失われていくのが現実ですので長期間の修理や改造が難しくなっています。
  2.単純な装置なのに不必要と思われるタッチパネル、リンクなどを多用していて制御技術者のいない現場ではメンテナンスが困難なため
    メーカーに丸投げするしかなく、故障時に速やかに復帰できないばかりか費用もかかっていました。

装置構成の見直し
  通常のスイッチ、ランプ、カウンタ等で構成できる制御なのでタッチパネル故障の機会に制御を全面的に組み替えました。
  長期稼働、永続保守することを考慮してシンプル、平易な設計をし、製造終了となることのないような定番の部品を採用しました。

改造結果
  同一機能の制御盤を大画面タッチパネル交換の材料費程度で実現しました。
  故障については現場メンバーである程度の修理は可能となりました。


目次